じぶん軸を大切に

よく立ち寄る本屋に、来年度のカレンダーがたくさん並んでいました。
美しい絵画や海外の風景の載ったもの、名女優のモノクロ写真、動物の可愛い写真やイラスト付き、形も工夫されて見ているだけで楽しくなります。
そんな訳で、私も来年のカレンダーを選ぶことにしました。
我が家は、夫婦それぞれの行動予定を記入するので、書き込みの余白の多いものにするのが慣例です。私は、絵本画家いわさきちひろさんや葉祥明さんのカレンダーがいいなと思い、夫は和風のものがいいというので、妥協点を探り、ちぎり絵のようなイラスト付きのものにしました。初天神や一粒万倍日という和暦も載っているので、なんとなく時代劇にも使えそうな暦です。

せっかくカレンダーを買ったのでスケジュール帳も見てみようと欲をかいてみました。
スマホを持つようになっても、やはり手書きをするのが好き。たくさんの大きさ、色とりどりで選ぶのに迷います。
そして、何となく手に取った名言付きの手帳を開いてみると「たくさんありがとうをもらった人が成功する」と、いわゆる成功法則が・・。
そのままじっと見入って、胸が苦しくなって、手帳をそっと戻しました。

名言を読んで、私は人に「ありがとう」と言われるようなことをどれだけできているだろう・・と、考え落ち込んでしまったのです。帰宅しても、「ありがとう」と言われるようなことをしていないと、ネガティブスパイラルにはまり、しばらく落ち込みは続きました。

しかし2時間ほど経って、待てよ?人に「ありがとう」と言われるために努力するのは他人軸じゃないの・・?と疑問が。

ありがとう、を言われるのは結果で、ありがとう、と言われたくて努力するのは違う、それは私にとっては、他人の評価を気にして疲れる他人軸パターンだと思い至ったのです。

まず、未来の自分から今の自分にありがとうと言われるように、自分を大切にして自分のために努力する方がよほど大事だよね、と切り替えて、ようやく負のスパイラルを抜け出すことができました。ほっ。

じぶん軸を思い出させてくれた名言に感謝しつつ。
さて、気持ちをあらためて手帳を選びにいこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です